どうも、パンツです

今日は僕の寿命が10年ほど縮みました。

今回も一人でハウスクリーニングに行きまして。
お客さんもいなかったんで気楽に掃除してたんですね。

その家には猫ちゃんがいまして、彼は家の庭でぬくぬくしてました。

neko

掃除は無事終わり、庭から外に出る扉を開けたとたん

 

ニャン(=ↀωↀ=)==|扉|=====

 

ゲェェェェエエエエエ!!!

ちょ、待って、マジで待ってお願い!!

ニャォ(=ↀωↀ=)
—————
DANGER
—————

工事現場に入っちゃったよ

ヤバイヤバイヤバイ!!!!!!!!

僕は物心つく前から20年間猫を飼ってたんですよ。

だから、もし猫が誰かのせいでいなくなるなんて事になったら、その悲しみと怒りがとてつもない事は、とてもリアルに想像できました。

工事現場ね、入りましたよ、ええ入りましたとも。

フェンスと地面の間のわずかな隙間に、無理やり体を通しましたよ。

少し奥にいくと・・・
猫ちゃんいた!!!

しかし、僕が近づいた途端、猫ダッシュ

 //
—————
DANGER
—————
//
(=ↀωↀ=)シャー

今度は工事現場の外へ・・・

ぐぁぁぁあああ!!!

また急いでフェンスの下をくぐると・・・

いない・・・

いくら探してもいない・・・

僕は猫ちゃんを完全に見失いました。

終わった。

僕は本当に猫が大好きなんですよ。

だからもう、本当にね。

いろいろ覚悟しました。

とにかく、社長の良太に報告の電話をしました。

良太「お客さんがそろそろ帰る時間だから、それまで待って説明してくれ。その後は俺から電話で説明する」

うん・・・

オーストラリア人って土下座の意味わかるかな・・・

帰国まではここに通って猫探そう・・・

賠償金があるならホストあたりで働くか・・・

そんなことを考えながらお客さんの家の庭に戻ると・・・

ニャーン(=ↀωↀ=)

・・・

・・・え?

そして、僕の横をすーっと通り過ぎて、庭の柵と地面のわずかな隙間をもぞもぞして、また外出。

放し飼いかあああああい!!!

いやね、庭の柵が高かったですし、柵と地面の隙間も本当に僅かしかなかったんですよね。

でも、猫ってあんな僅かな隙間でも通り抜けられちゃうんですねー。

・・・

猫20年飼ってたくせに何で知らないねーん!!

おしまい


 
代表者プロフィール

土肥良太のブログ

Leave a Comment

CAPTCHA